iPhone/iPadアプリを開発しているN-SHUの雑記ノート。開発に関することもあればプライベートな内容も^^
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Google Maps APIやSDK for iOSの費用 (利用規約/無料/有料/金額) | main | 不動産業で使えるiPadアプリ「距離測定」 >>
標高が表示できるiPhoneアプリ(登山、津波対策などに使える?)
Capricious TeamのNanshuです。

この度、標高を表示できるiPhoneアプリをリリースしました。
その名も、「標高表示」!!
はい、機能そのままの名前ですw

地図上を中央の標高が、mとftの単位で表示されます。また、右上の切り替えボタンを押すと、直線5点の標高が表示され、傾斜を測定・確認するのに便利な機能です。

・登山時の標高の確認に
・津波対策を考え、標高確認に
・浸水の心配を考え、標高と傾斜を調べるために

地図もApple社純正のマップアプリではなく、私が使い易いと思うGoogle Mapsを使ってアプリ開発しています。



標高を調べるのには、便利なアプリであり無料ですので、是非是非ダウンロードしてお使い下さい。

▼iPhoneアプリのダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/app/id887841155?mt=8

▼チームの公式ページはこちら
http://www.capricious-team.com/