iPhone/iPadアプリを開発しているN-SHUの雑記ノート。開発に関することもあればプライベートな内容も^^
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
Google Maps APIやSDK for iOSの費用 (利用規約/無料/有料/金額)
Capricious TeamのNanshuです。

幾つか地図に関連するiOSアプリをリリースしてきたが、地図をiOS純正のマップ(MapKit)ではなく、Google Mapsを使っている。
これは単純に、今日時点(2014年6月)では、純正のマップよりもGoogle Mapsの方が使い易く情報が正確と思っているからだ。

さて、iPhoneやiPadでGoogle Mapsを使ったアプリの作り方は、Google社のホームページより「Google Maps SDK for iOS」をダウンロードすることから始まる。

以下が、ダウンロード先のアドレスである。

Google Maps SDK for iOS
https://developers.google.com/maps/documentation/ios/?hl=ja

なんと、無料で提供されている。トラフィック量で課金が発生することも想定していたが、課金もない。

但し、利用規約に従い利用しよう。
例えば、powered by Google のロゴの表示や、オープンソースライセンスで利用規約の表記が必要だったりする。

ライセンスの表記は、
[GMSServices openSourceLicenseInfo]
というメソッドを呼ぶことで、表示する
利用規約の情報の取得が可能である。

さて、Google Maps SDK for iOSの利用は本日時点では無料と書いたが、開発を進める上でアプリの利用者数によっては、費用を考えなければならないこともある。

それは、場所の検索など、Google社が用意しているMap用のWebAPIを利用する場合だ。

例えば、私たちが開発している「Assist Maps」の場合、使って頂いたら分かると思うが場所の検索機能がある。

これは「Google Places API」を利用している。
さて、このAPIの利用が曲者だ。

利用規約を確認すると、Google Places API は、1,000 リクエスト/日 の利用制限があり、クレジットカードの登録により個人情報の登録をすれば、 100,000 リクエスト/日を利用できる
詳しくは、以下のページに記載がある。
https://developers.google.com/places/uplift?hl=ja

但し、以下のページを読むとプレイス検索の「テキスト検索リクエストでは、1 回で、リクエスト 10 回分の割り当て量を使用することになります。」と記載がある。
https://developers.google.com/places/documentation/search?hl=ja

ということは、検索機能は1日に1万回までしか利用できないことになる。
もし、1日1万人が利用するアプリなら、一人が1度検索するだけで、そな日の検索が使えなくなると言うことだ。

Google社に「割り当て数の増加」をお願いできるフォームがあるが、Google社のMap機能向上の為に貢献することが前提になる。
http://places-quota-uplifts.appspot.com/

勿論、これらを利用するにあたりGoogle Places APIのデベロッパー向けの利用規約の確認は必須だ。
https://developers.google.com/places/policies?hl=ja


さて、1日1万回の検索では足らない場合の最終手段としては、Google Maps API for Businessという、有料サービスに申し込むことだ。
http://www.google.com/enterprise/mapsearth/products/mapsapi.html

また、道案内を表示する為には、Google Directions APIというAPIを使う必要がある。
こちらは、1日の利用数2,500回という制限がある。1人で使う分には問題ない制限だがAppStoreで公開するアプリなら、少し流行っただけで使えなくなってしまうことがわかる。
https://developers.google.com/maps/documentation/directions/?hl=ja


このように開発者がWebAPIを利用する時は、利用規約をよく読みアプリの設計を考えないと思いもしないところに落とし穴があるものだ。

プログラムを作ることに夢中になり、テクニカルな部分のドキュメントしか読まないのは危険だ。
アプリは開発したものの、リクエスト数が多くなりエラーしか返ってこなくなれば、アプリとしての利用価値がなくなる。

タダほど怖いものはないと言うことは肝に銘じよう。

ではでは、また。
続きを読む >>

指でなぞって距離測定できるiPhoneアプリ
Capricious TeamのNanshuです。

この度、指でなぞって距離が測定できるiPhoneアプリをリリースしました。
その名も、「距離測定」!!
はい、機能そのままの名前ですw

地図上を指でなぞると、なぞった総距離のkmとmileが表示されます。また、始点と終点の直線距離も表示されます。

・ウォーキングルートの距離を測りたい時に
・目的地までのルートではなく直線距離を知りたい時に
・不動産業でお客様に目の前で駅から物件までのルートと距離を説明する時に
と色んな場面で活用できます。

地図もApple社純正のマップアプリではなく、私が使い易いと思うGoogle Mapsを使ってアプリ開発しています。




利用イメージができた方は、無料ですので是非、ご利用ください☆

▼iPhoneアプリのダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/app/id866620626?mt=8

▼チームの公式ページはこちら
http://www.capricious-team.com/

iPhoneアプリでストリートビュー
Capricious TeamのNanshuです。

「Google Maps」
iPhoneアプリは、特別にストリートビューに特化したアプリではないため、ストリートビュー機能においては物足りなさを感じていました。

なら、「私たちでストリートビューに特化したアプリを作ってしまえ」と思い、ストリートビュー専用のiPhoneアプリを開発しました。
その名も「ストリートビュー・シンプル」。

画面上半分を地図で現在地を表示し、下半分をストリートビュー(パノラマビュー)で風景を確認することもできれば、全画面を
ストリートビュー(5/15機能追加)にすることも可能です。



Googleストリートビューをよく使う方は、ダウンロードしていて間違いなし!!

是非、ご利用ください☆

▼iPhoneアプリのダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/id864844206?mt=8

▼チームの公式ページはこちら
http://www.capricious-team.com/

Assist Mapsの基本的な使い方(ピンの追加、他アプリ連携)
Capricious TeamのNanshuです。

この投稿では、地図のブックマークiPhoneアプリ『Assist Maps』の基本的な使い方を説明します。


Assist Maps(アシストマップ)は、お気に入りスポットを自分だけの地図にたくさん登録し、独自マップをローカルに作成します。
そして「Google Maps」や「マップ」、「MapFan+」のアプリと連携し行き先を引き渡すことをメインとしたアプリです!


さて、ピンの登録から他アプリへの行き先引き渡しまで、基本操作を画面遷移図と動画で確認してみましょう。






※ 挿入済みのピンの位置の変更方法は、ピンをロングタップ(長押し)すると移動することが可能です。

さぁ、どんどん地図にピンを追加して、自分だけの便利なマップを作成しましょう♪

地図のブックマークアプリ『Assist Maps』リリースのお知らせ
初めまして。
Capricious TeamのNanshuと申します。

2013年に業務外でも、アプリ開発関する知識や技術を身に付けようと、友人とCapricious Team(訳:気まぐれチーム)と発足しました。
そして、地図の総合アプリを作ることにし、ようやくリリースできました。

以下、プレスリリースの内容です。

-------------
自分だけの地図に、お気に入り地点をたくさん登録し、Google Mapsやマップ、またカーナビアプリなどに、直ぐに道案内をさせることができたらイイなぁと思ったことはありませんか。
この度、そんな要望を実現したiPhoneアプリを、リリース致しました。
そのアプリ名は、Assist Maps(アシストマップ)!!

Assist Mapsはあなたの独自の地図をローカルに作成します。
そして「Google Maps」や「マップ」のアプリと連携します!

「Google Maps」や「マップ」のアプリをカーナビや道案内として使っている方は、どれだけいらっしゃるだろうか?
また、アプリ提供企業側の悪用が怖くて、クラウドに独自マップのデータを預けるのを躊躇う方は、どれだけいらっしゃるだろうか?

Assist Mapsは自分だけのマップに多くの地点を登録し、「Google Maps」や「マップ」、また日本では「MapFan+」に行き先を引き渡すことをメインとしたアプリです。
データの保存先がアプリ内と、サーバではないためIDとパスワードの登録もいりません。
(そもそものアプリ開発の発端が、私がローカルで管理できる個人マップ作成にあります。)

■Assist Mapsの素晴らしい使い方の一例
- カーナビ補助リスト
- 周辺の施設マップ
- 顧客管理マップ
- 旅行先マップ
- 行きたい旅先マップ
- 友達、家族、同僚などの家マップ
- レストラン、ホテルのレビューマップ
- 都市探検マップ
- 場所調査内容の保存

さぁ、地図に印を付けて便利さを体感してみよう!!

▼iPhoneアプリのダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/app/id798559684?mt=8

▼Assist Maps 公式ページはこちらから
http://www.capricious-team.com/



-------------

今後は、アプリの使い方だけでなく、開発に関する技術ノートとしても投稿していく予定です。

それでは、また。